保険のビュッフェと保険クリニックを比較してみたよ!

ここでは保険のビュッフェと保険クリニックの比較をします。

保険クリニックは、日本で初めての保険相談窓口です。

1999年12月に日本初の来店型保険ショップを、オープンしました。

保険のビュッフェと、保険クリニック、どう違うのか比較してみました。

○ 保険クリニックはどういう会社?

保険クリニックは来店型の保険ショップです。

保険会社ではなく、保険の新規加入や見直し、そもそも保険の疑問など相談しにお店に来店し、その相談に答えてくれます。

店舗は全国に175店舗、歴史が古いだけあって、取り扱っている保険の中には、”知る人ぞ知る”という保険も扱っています。

取り扱い保険会社は、生命保険、損害保険あわせて38社です。

○ここが違う!保険のビュッフェと保険クリニック

・相談する場所

保険クリニックは来店型の保険ショップなのですが、自宅への訪問サービスも行っています。

175店舗ありますので、一番近い店舗から自宅まで訪問してくれるのです。

保険のビュッフェは来店型ではなく、訪問型のサービスを行っています。

「2つの会社サービスが一緒」だと感じますが、カバーできる範囲に違いがありそうです。

例えば、岩手県の場合です。

保険クリニックの岩手の店舗は、「盛岡インター店」と「盛岡大通り店」の2店舗です。

ご存知のように岩手県は県の中で、一番面積が広い県です。

県庁所在地の盛岡はいいですが、県南や海岸のほうはカバーするのは難しいのではないでしょうか?

電車で3時間とかかかるところ自宅に来ていただくのも、なんだか気が引けます。

地方に行くと、店舗が1店舗、2店舗のところも多く、訪問していただくには、先に問い合わせで確認したほうがいいでしょう。

東京などの主要都市では、店舗数も多いので訪問も幅広くカバーされています。

保険のビュッフェの場合ですと、ホームページ上に記載してある対応エリアが、岩手県の場合..

盛岡市、八幡平市、岩手郡、紫波郡、奥州市、花巻市、北上市、一関市、遠野市、和賀郡、胆沢郡、西磐井郡、大船渡市、陸前高田市、気仙郡、釜石市、上閉伊郡、宮古市、下閉伊郡、久慈市、九戸郡、二戸市
と記載されており、岩手県での無料保険相談は、ほぼ全域対応しています。

また保険クリニックは、自宅か会社のみと、訪問場所に規制がありますが、保険のビュッフェは自宅はもちろん、カフェなどこちらが指定した好きな場所に来ていただけます。

自宅に呼ぶのに抵抗がある方は、カフェなどを指定できるのは助かりますね。

来店して相談したいという方には、保険クリニックがあっていて、訪問してほしいという方には、保険のビュッフェのほうが、あっています。

・相談する人

保険のビュッフェではFP(ファイナンシャル・プランナー)が相談に乗ってくれます。

保険のビュッフェのFPは、経験年数が平均8.3年、平均相談実績が1253件以上の経験豊富なFPが保険の相談を受けます。

「FPがなんだか自分に合わないなぁ」と感じた時には、他の方に変えていただくことができます。

これ以外に他のところではできません。

強引な勧誘があったとかの、明確な理由がある場合は代えることができますが、相性の問題では代えられないのがほとんどです。

保険クリニックでは店舗のコンサルタントが、相談を受けてくれます。

業界独自の「保険IQシステム」を開発し、どんなコンサルタントでも主観にこだわらない客観的な提案ができるようになっています。

「保険のことを知らないお客さまにもわかる資料を」という、会社の思いから作られました。

このシステムはとても好評で、「わかりやすい」「最新の保険まで網羅されていて良いシステム」と口コミでも評判でした。

お店によっては、資料はわかりやすいが、コンサルタントの説明が不足だった等の口コミもありました。

・取り扱い保険

保険クリニックで、取り扱いのある保険会社の数は38社。

かなり多いです。あまり知られていない保険も扱っています。

さすが歴史のある保険ショップということでしょう。

保険のビュッフェで取り扱う、保険会社の数はFPによって違います。

平均して15~20と言われていますが、詳しい保険会社名までは、ホームページ上で記載がありませんでした。これはFPによって違ってくるので、混乱させないためと思われます。

後、保険のビュッフェは原則、生命保険の相談のみで、損害保険(自動車保険や火災保険、地震保険など)の相談は受け付けていません。

保険クリニックでは、損害保険16社を取り扱っています。

○ 保険のビュッフェと保険クリニックの共通点

保険のビュッフェと保険クリニックの共通点をあげてみます。

・相談が無料
・強引な勧誘がない
・いくつかの保険会社を比較して検討してくれる
・アフターフォローがある

○ 結局、保険のビュッフェと保険クリニックどちらがいいの?

これは、どこと比較しても言える事なのですが、相談する方の都合によって選びましょう、ということです。個人的に思うことは、保険のことがわからない、自宅に来てもらうほどの深い相談ではなく、もう少しライトな相談をしたいという方には、保険クリニックはとても合っています。

しっかり時間を取って話したい、自宅付近に店舗がない、来てくれる人があわない人だったら代えてほしい、1度だけではなく何度も相談したい、としっかり時間を取りたい人には、保険のビュッフェがあっています。

お得な情報として、保険のビュッフェでは、はじめての相談の場合JTBの商品券が5000円貰えるキャンペーンをやっています。※終了

※2017年追記

保険団体、金融庁の指導により商品券や楽天ポイント、マイレージ等金銭的価値がある物を消費者に付与する事は規制となりました。

これも「相談してみようかな」と思うきっかけになりますね。

保険のビュッフェと保険クリニックまとめ

保険のビュッフェと保険クリニックの比較で、違う点と共通点についてまとめました。

気になりましたら、公式ページでさらに深く調べてみてくださいね。



保険のビュッフェでプロのファイナンシャルプランナーに相談をしたところ、保険料が毎月12,569円下がりました。

毎月、支払う保険料は少しでも年齢を重ねる前に見直す事がとても重要です。

また、現在「総額1億円分全員プレゼントキャンペーン」を実地している為、相談をするだけで電化製品やお肉、お米が貰えるのも嬉しいですね(*^-^*)