保険のビュッフェとほけんの窓口の比較

保険の悩みを相談したいとき、いくつかの相談サービスでどこが一番自分にあっているのか、悩みますよね。

保険を選ぶときにいろんな保険会社の、保険サービスを比較するように、保険の相談も比較してみるとわかりやすいです。

ここでは、保険のビュッフェと保険の窓口のサービスを比較していきます。

○ 保険の窓口はどんな会社?

保険の窓口は、保険会社ではありません。

保険を比較、見直し、無料相談を行っている来店型の保険ショップです。

CMでは速水もこみちさんが、出演されていますね。

来店型の保険ショップの中では、店舗数が一番多く全国に598店舗あります。

保険の相談はお店のFPが無料で行っています。

○ 保険のビュッフェと保険の窓口を比較してみます。

ふたつの会社のサービスが良くわかるように、比較してみました。

・どういう会社なの?

両方とも保険の相談、見直しを提案する会社です。
保険会社ではありません。

・お金はかかるの?

両方とも無料で相談する事ができます。

・どこで相談するの?

保険のビュッフェは、自宅や近くのカフェなどのお客さまの指定した場所、お客さまが落ち着いて相談できる場所を指定して、FPに来ていただく訪問型です。

3店舗ある直営店舗でも相談する事ができ、キッズルームもあります

保険の窓口の場合は、店舗にお客さまが来店して相談します。

特に予約などはしなくてもよく、好きな時に店舗にいく形です。

お店によっては、予約したほうがいい場合もあります。

キッズスペースや授乳室、駐車場は、事前にホームページを見て確認したほうがいいでしょう。

・誰に相談するの?

保険のビュッフェは、FP(ファイナンシャル・プランナー)に相談します。

保険のビュッフェのFPの平均経験年数は8.3年と、業界トップクラスの経験の豊富さです。

全国に800名以上の方と提携しています。

公式ページでは、各地域にいるFPのことがひとりひとり顔写真付きで、紹介されています。

離島や一部地域をのぞいて、どこでも出張します。

強引な勧誘もなく、アフターフォローもします。

保険の窓口の場合もFPに相談します。

経験年数は特に記載がありませんでした。

お店によって、違うのだと思われます。

女性の方がいいという要望には、応えてくれます。

またこちらも強引な勧誘はなく、アフターフォローまでしてくれます。

・子どもと一緒でも大丈夫?

保険のビュッフェは小さなお子様がいても、大丈夫なところに場所を指定する事ができます。

自宅であったり、近くのカフェであったり、自分の好きな場所で相談します。

3つの店舗で相談する場合は、3店舗どこにでもキッズスペースがあるので、安心です。

保険の窓口では、キッズコーナーやベビーベッドがあります。

一部の店舗では、ないので事前に確認が必要です。

・取り扱い保険会社について

保険のビュッフェは、訪問型ですので、担当するFPによって数は違ってきます。

生命保険は平均22社前後です。

損害保険会社については、基本扱っていません。

保険の窓口は、生命保険会社25社、損害保険会社16社の保険を扱っています。

ホームページでは、実際に扱っていうる保険会社名が確認する事ができます。

・現在行っているキャンペーン

保険のビュッフェは、相談すると、JCBギフト券5,000円がもらえるキャンペーンを行っています。※終了

※2017年追記

保険団体、金融庁の指導により商品券や楽天ポイント、マイレージ等金銭的価値がある物を消費者に付与する事は規制となりました。

保険の窓口は、現在行っているキャンペーンはとくありません。

○ 保険のビュッフェと保険の窓口どっちがお勧め?

結局、保険のビュッフェと保険の窓口どっちがお勧めなのか…。

これは相談する人の環境や、性格によって変わると思うので、一概にこちらのほうがいいとは言い切れません。

比較してみるとわかるのですが、こういう点ではビュッフェのほうが便利だし、こういう立場だったら窓口のほうが便利と思うことが多々ありました。

両方のサービスを比較して、自分に合ったほうを選べばいいのです。

私の場合は、保険のビュッフェのほうが自分にあっているなと感じました。

保険の窓口は、店舗数がNo1で全国に598店舗ありますが、私の住んでいるところは、ド田舎で私は免許を持っていません。

子どもは生まれたばかりで、どうにも動くことができないのです。

保険のビュッフェの場合は、自宅までFP(ファイナンシャル・プランナー)が来てくれるので、かなり助かりました。

現在必要と考えていた、学資保険や子ども保険の相談、あとは家のお金に関する全般のことを相談することができたのも大きかったです。

また、私の場合は大丈夫でしたが、もしもFPさんが自分と合わないなと思った時も変えてもらえるので、安心でした。

○ 保険のビュッフェとほけんの窓口まとめ

訪問型の保険のビュッフェ、来店型の保険の窓口、どちらがいいというのは、お客さまの置かれている環境や、気持ちの問題です。

今回は、保険のビュッフェと保険の窓口の比較をしましたが、

大きく特徴のある点は、店舗を構えている来店型と、近くまで来てくれるえ訪問型の違い。

相談するFPの平均経験、取り扱っている保険会社です。

家の近くに店舗があって、気軽に保険の相談をしたい場合は、保険の窓口があっているし、

家の近くに店舗がなくて、静かなところでじっくり相談したい、と考えている人は保険のビュッフェがあっているでしょう。

悩んでいる方の参考になると嬉しいです。



保険のビュッフェでプロのファイナンシャルプランナーに相談をしたところ、保険料が毎月12,569円下がりました。

毎月、支払う保険料は少しでも年齢を重ねる前に見直す事がとても重要です。

また、現在「総額1億円分全員プレゼントキャンペーン」を実地している為、相談をするだけで電化製品やお肉、お米が貰えるのも嬉しいですね(*^-^*)