保険のビュッフェ株式会社が取り扱いをする保険の種類

保険のビュッフェは保険サービスの見直しや、保険に関する相談を無料で行うことができます。

でも、保険の相談なら保険ショップとか保険会社でもできますよね。

その違いは、相談を担当する人、取り扱える保険会社数、取り扱い保険、が違ってきます。

保険のビュッフェの取り扱い保険について、調べました。

○ 保険のビュッフェで相談する事ができる取り扱い保険

保険のビュッフェではありとあらゆる保険について、取り扱っています。

死亡保険から医療(入院)保険、がん保険、学資保険、年金保険、介護保険まで対応可能です。

また、学資保険にも対応をしています。

ただし、現時点では損害保険(自動車保険や火災保険、地震保険など)の相談には対応していません。

保険のビュッフェのファイナンシャル・プランナー、つまり相談する人のことですが、生命保険分野に強い人が、揃っています。

生命保険会社が取り扱っている、保険の種類であれば相談する事ができます。
まとめますね。

□保険のビュッフェ 取り扱い保険

・死亡保険、つまり万が一に備える保険です。終身保険、養老保険、定期保険、変額終身保険、定期付き終身保険、逓減定期保険、収入保険などです。

・病気やけがなど、何かあったときのために備える保険。医療保険、癌保険、特定三大疾病保険などです。

・貯蓄のための保険です。学資保険、こども保険、個人年金保険、変額個人年金保険、養老保険などです。

□保険のビュッフェ 取り扱いがない保険

・損害保険・・・自動車保険、火災保険、地震保険などです。

○ 取り扱い保険に関する事で、どんな相談すればいいの?

取り扱っている保険のことはわかりましたが、実際相談する時はどんなふうに相談すればいいのでしょう?

保険のことを全くわからない、保険といえば会社で勤めているときに勧められて深く考えずに入った保険しかないという私は、何を相談したらいいのか?全くわかりませんでした。

ただ、年がたつにつれて、1月の保険料がなんとなく高い気がしていたのと、この保険だけでいざという時、どこまで補償されるのだろうか?という漠然とした不安感が広がります。

保険のビュッフェのFPさんは、保険の相談はもちろんですが、お金のあらゆることに相談に乗ってくれます。

・今の保険で将来的に保証は大丈夫なのか?
・ふたつ保険に入っているが、もっと得になる方法はないのか?
・家のローンもあり、今後の支払いが不安

そんな自分の家の将来設計について丸ごと相談に乗ってもらえます。

それは、保険のビュッフェのFP(ファイナンシャル・プランナー)はお金に関してもプロだからです。

そしてこんなに何もわからない状態だったら、相談しても呆れられるんじゃないか、相談にも時間がかかってしまうしという不安もありました。

そこで読んだのが、保険のビュッフェに実際相談した人たちの体験談でした。

そこには、私と同じように、何もわからず、保険のことばかりではなく、住宅ローン、フリーランスの収入が保証されていないことなど、家計全般のことを相談している、家庭の体験談が載っていました。

FPの方は、医療保険のこと、公的保険のこと、そしてライフプランについても、的確な保険の紹介を具体的にしてくれます。

最後にFPの方が「自分のお客さまとは一生涯お付き合いするつもりです」と言っていたのがとても印象的でした。

自分が考えていたFPのイメージとはかけ離れていたからです。

これなら安心して相談できるなと感じました。

○ 保険のビュッフェと生命保険会社、保険ショップとの違い

冒頭で、保険のビュッフェと保険ショップや保険会社は何が違うのか?

ということを簡単にかきましたが、ここではもう少し掘り下げてかいていきます。

生命保険会社と違うのはわかります。

生命保険会社に相談しても、当然自分の会社の保険を勧めてくるでしょうから。

また保険会社の営業マンが相談にのってくれるでしょう。

「この生命保険会社の保険にしか興味がない」とか「そこしか考えていない」という人は、迷わずそこの保険会社に相談した方が早いですよね。

では保険のビュッフェと保険ショップの違いはなんでしょうか?

私はほとんど同じなんじゃないかと感じました。

でも違いました。

この2つの違いは、

・誰が相談にのってくれるか?どんな人か
・取り扱っている保険会社の数
・相談する場所はどこなのか?

この3点です。

ひとつめの誰が相談に乗ってくれるのか?は

保険のビュッフェはFP(ファイナンシャル・プランナー)が相談に乗ってくれます。

一定の年数を超えた経験者のみなので、お金に関するプロです。

そして相談する時間の制限がある訳でもなく、無料で、質の高いアドバイスを受けることができます。

保険ショップでは店舗の営業が相談を受けてくれます。

これはショップによって経験年数が違いますし、未経験で入社している場合もあります。

ふたつ目の取り扱える保険の会社数ですが、どちらも複数の会社の保険を取り扱っていて、その人に一番いい保険会社を紹介してくれます。

保険のビュッフェの場合は、そのFPさんによって保険会社の数は変わってきます。

平均で10~20社と言われています。

保険ショップの場合も、ショップによってその数は変わります。

3つめの相談する場所の違いは、保険のビュッフェと保険ショップの大きな違いでもあります。

保険ショップは店舗内で相談を受けられます。

保険のビュッフェはお客様の都合のいい場所で、相談を受けることができます。

自宅で会ったり、近くのカフェなど、会う場所を指定すると、FPがそこまで来てくれるのです。

また直営店に出向き、相談する事もできます。

近くに保険ショップがない場合でも、相談できるのは嬉しいですね。

保険のビュッフェ株式会社の取り扱い保険の種類まとめ

保険のビュッフェが取り扱っている保険について、どうやって相談するのかについてまとめてみました。様々な保険について取り扱っている保険のビュッフェ。

お金に関する事全般についても相談を受けてくれます。



保険のビュッフェでプロのファイナンシャルプランナーに相談をしたところ、保険料が毎月12,569円下がりました。

毎月、支払う保険料は少しでも年齢を重ねる前に見直す事がとても重要です。

また、現在「総額1億円分全員プレゼントキャンペーン」を実地している為、相談をするだけで電化製品やお肉、お米が貰えるのも嬉しいですね(*^-^*)